> 
 > 新規事業の立ち上げ及び運営

Consulting Services

新規事業の立ち上げ及び運営

新規事業の成功確度を上げるために、戦略と戦術を策定し、
可視化のうえ組織内での共有を推進します。

いかに優れたビジネスモデルを持っている企業でも、時間が経つにつれ、様々な変化が求められます。同じビジネスモデルが未来永劫通用し、収益を上げ続けられる保証はないため、売り上げや利益の最大化を目指す時には、新たな事業分野への進出も視野にいれるべきでしょう。

ところが、新規事業の展開には困難がつきもので、ほとんどの場合、途中で頓挫してしまうのが現実です。新たな市場で新たな商品やサービスを展開するのは、それほど困難なものなのです。偶然決断が功を奏し、偶然優秀な人材がいて、偶然時流に合致した結果、事業の成功体験があったとしても、それはまったく再現性のないものです。自らビジネスモデルを立案し、立ち上げに成功したベンチャー企業でも、他の分野で同様の成功を得ることは難しく、またどのように伝統のある大企業でも、新規事業の成功は至難の業です。いかなる好条件が揃った場合でも、新規事業の成功は保証されたものではありません。しかし、その成功の確度を上げることは、明確な「戦略」と「戦術」を策定することによって可能となります。

新規事業の種を見つけて、ビジネスモデルを成功に導く戦略を構築する。

新規事業の成功確度を上げるために、戦略と戦術を策定し、
可視化のうえ組織内での共有を推進します。

新規事業立ち上げの契機は、内部環境からくる場合と、外部環境からくる場合があります。企業が保有している経営資産が元になったり、売り上げ拡大のために事業計画に組み込まれたりしていることもあれば、既存の基幹事業の市場縮小予測を補完するものであったり、アイディアの種や成長市場を偶然見つけたりして事業化を目指す事もあるでしょう。しかしいずれにおいても、まずは段階を踏んで、しっかりとしたビジネスモデルを構築する事が必要です。

ビジネスモデル構築のための基本フロー

1. アイディアを抽出する

自由な発想で、ニーズとシーズから"欲しい!"を引き出す。

2. スクリーニングをする

アイディアの優位性・実現に向けたコスト・黒字化までの時間・収益性・自社の競争力・市場規模・競合状況などを鑑み、取捨選択を行う。

3. 仮説を想定し検証する

ターゲット層や市場を想定し、試作品を製作したり、顧客層にヒアリングを行ったりするなどによって検証する。

4. ビジネスモデルを構築する

全てのステークホルダーにメリットがあり、受け容れられ、安定利益を生み続けられるような仕組みを作る。

ビジネスモデルを実現するための、「戦術」=アクションプランを立てる。

ビジネスモデルができたなら、今度はそれを実現するための事業戦略が必要です。
新規事業を成功に導くための、具体的なアクションプランです。

目的や手段の可視化共有による「明確なディレクション」で成功確度をアップ!

売り上げや利益を拡大したい!
本業の収益低下を新規事業でカバーしたい!
単一事業に頼らずに、経営基盤を安定させたい!
攻めの一手を先手で講じ、シェアを拡大したい!
面白いアイディアが浮かんだ!新しい成長市場を見つけた!
自社の経営資産で面白いことができそうだ!

新規事業立ち上げの目的は何であれ、成功への道を歩むには、役員・社員が一丸となっての「大きなパワー」、そして「覚悟」が不可欠です。そのためには、新規事業の意義・事業規模(売上・利益・社員数)、段階的な目標、黒字化までの期限などを可視化し、一人一人がその目標の所有者として、覚悟を決めて邁進する必要があります。

ブレイビングの「事業戦略の策定・運営体制の構築」サービス例

基幹業務IT最適化
リーダー育成
マネジメント強化
企業ビジョン及び
ブランドの構築
営業戦略戦術の策定と運営
新規事業の立ち上げ及び運営
人事戦略の策定
及び運用
ブレイビング独自のメソッドであるブレイビングセッション。組織の悩みや思い、障害を具体的な目標へ消化 「大きな問題解決をするための一員」として組織に寄り添い、組織それぞれに合わせたオリジナルソリューションご提案差し上げます。

ご提案依頼・お問い合わせ