> 
 > 営業戦略・戦術の策定と運営

Consulting Services

営業戦略・戦術の策定及び運用

企業の個性と業界の流れに適応した展開

営業戦略と営業戦術を混同せずに、企業の個性と業界の流れに適応した展開で、
売上と利益の最大化へと導きます。

そのためには、営業の「戦略」と「戦術」は事業推進における生命線となります。
しかしながら営業戦略と営業戦術は大事なものであるにも関わらず、定義も内容も曖昧になるケースが多いですが、非常に異なる性質を持つものです。実に多くの企業が、この二つを混同しがちで、理想的な営業スタイルを持てずに、まだまだ上げられる利益を獲得できずにいます。

ブレイビングは、企業の個性="強み"と"弱み"を可視化共有する事で、実践的な営業戦略と営業戦術の策定及び運営を支援します。

「営業戦略」とは、"売れる仕組み作り"の事である。

営業戦略とは、端的に言えば「売れる仕組み作り」のことです。安定的に利益を得ることを目的とした事業活動で、市場で競争力を持つための中長期的な計画のことを指します。営業戦略とは「企業における販売活動」であり、営利を目的としたアクションにおいて、売上と利益を最大化させるための計画なのです。

「営業戦略」とは、中長期的かつ構造的な、

現状分析

営業戦略の策定には、まずは現状分析が必要です。自社は現在...

企業ビジョンに鑑みながら、しっかりと現状における収益構造を把握する必要があります。

理想像の構築

営業戦略の策定には、現状分析を踏まえた上での「理想像の構築」が必要です。マーケット状況や顧客状況、競合他社の情報を把握し、それらの情報を元に、自社と競合他社の営業戦略や営業体制や営業力を比較してみます。

企業ビジョンを鑑みながら、しっかりと理想像における収益構造を検討する必要があります。
自社の優位性による競争力の結集や差別化を鑑み、理想的な収益構造=基本戦略を描いてみるのです。

現状分析と理想像から営業戦略を策定

現状分析と、構築した理想像に基づき、営業活動の体制を定め、各々のベクトルやレイヤーに、機能と役割をつけます。

このように「営業戦略」が具体的になってくると、そのアクションが楽しみになってきます。
企業において、特に営業要員にとって最も不幸な事は、目指すべき場所・やるべき内容が不明確な事です。
よって、社員自らが組織の有機的な一員となって行動するためには、可視化共有できる「営業戦略」が不可欠なのです。

営業戦術とは、営業戦略を実践するための行動プランである。

どのようなマーケットにおいて、どのような商品を販売するかを定め、自社の競争優位性や目標を理解したとしても、そこに辿り着くための方法は多様に存在します。
「営業戦術」とは、営業戦略を実践するための行動プランなのです。
いつ、誰が、どのような方法で、どの程度の量を以ってアプローチするのか?
いくら素晴らしい営業戦略を掲げても、営業戦術が伴わなければ、決して成功することはできません。
営業戦術に基づくアクションがなければ、営業戦略は机上の空論にすぎず、そもそもその整合性を立証するにも至りません。営業戦術の策定とその運営は、最もパワーが求められるレイヤーなのです。

目標達成に向けた「ミッション」と各々のベクトルと階層に即した「ゴール」を定め、営業プロセスやマネジメントプロセスを細分化し、受注率の向上・失注率の低下・販売リードタイムの短縮などから、営業生産性の向上を図ります。
そのために、顧客視点・営業視点・現場視点など多角的な観点で課題抽出を行い、戦術をブラッシュアップしながら、具体的なソースを構築していきます。

具体的なソース
そして...

などにより、最良な結果を最短で導き出す営業戦術を策定のうえ、定期的な行動チェックを行い、その運営をサポート致します。

ブレイビングの「事業戦略の策定・運営体制の構築」サービス例

基幹業務IT最適化
リーダー育成
マネジメント強化
企業ビジョン及び
ブランドの構築
営業戦略戦術の策定と運営
新規事業の立ち上げ及び運営
人事戦略の策定
及び運用
ブレイビング独自のメソッドであるブレイビングセッション。組織の悩みや思い、障害を具体的な目標へ消化 「大きな問題解決をするための一員」として組織に寄り添い、組織それぞれに合わせたオリジナルソリューションご提案差し上げます。

ご提案依頼・お問い合わせ